どんばばさんと愉快な子どもたち。

自閉症スペクトラム×境界知能の娘(現在小1)の子育て奮闘記です。

学期末懇談会が憂鬱。。(支援級)

 

学期末懇談会が迫る!

 

気づけば、もう6月も終わり。

 

あと1カ月もしないうちに、夏休みが始まりますね!

早い!本当にあっという間!

 

 

そんな中、学期末の学級懇談会が迫っています。

 

 

前回の学級懇談会も支援級で行われたので、今回の学級懇談会も支援級で行われるであろうと思います。

 

 

それが・・・

 

 

すんごい憂鬱なんですけどーーーーーー!

 

 

 

ガッカリしている人のイラスト(女性)

 

 

 

 

理由としては、、、

 

 

前回の記事のとおりです。

 

donnbaba.hatenablog.com

 

 

支援級は人数が少ないので・・・

 

「1学期を振り返って、保護者から、一言」

 

のコーナーがありそうな予感。。

 

 

これが、嫌なんです。

とても。

 

 

他のお母さんたちは皆さんお話がとても上手なので、即興でペラペラと、結構長くお話されるんですけど、私は考えてきた短い内容を話すので精一杯。

 

事前に一生懸命考えても、短くなってしまうし、1人だけいかにも原稿読んでる感じになっちゃう。。(溜息)

 

 

 

「先生とお友達のおかげで楽しく学校生活を送ることができています、ありがとうございます、2学期もよろしくお願いします。」

くらいしか言うことないよ。。

 

 

普通級だったらそれだけでも浮かないだろうに・・・(キー―――!)

 

 

 

支援級の人数が少ないせいで、保護者1人が話す時間がべらぼうに長くなるなんて・・・

 

支援級に、そんなデメリットがあるなんて、思わなんだ(><)!!!

 

 

 

まぁ、1人だけ短くても良いやと割り切って、原稿の準備を頑張ろうと思います。

 

 

 

先生やお友達への感謝と、2学期もよろしくお願いしますということを伝えられたら良いのかな・・・(^^)。トホホ。

成長を感じたこととか?

もう少し、考えてみます・・・。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました^^